読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消極的な新下駄配列の習得

けっこう長いこと新下駄配列を使っていますが、新しく記事にするような変化は起きていないのです。

 

ようは、情熱があったらより便利な配列を模索すると思うのだが、なんだろう、配列疲れというかな?ある程度満足してるんだから新しく覚えなくてもいいじゃない、という妥協が生まれているのです。

習熟、でしょうか。

 

 

まあ、一番重要な、小指に負担のかからない配列、という条件を満たしているのは新下駄配列なので不満はないです。

 

 

そうそう、もっと最悪な状況があったのを忘れてました。

一時期、握力がなくなったのです。

具体的には、左手の指が伸ばせなくなりました。

キーボードに手を置いても、ホームポジションから微動だにしない、という。

「その体勢で撃てそうな字を考えてみた。ややおかしい。」

新下駄配列だから多少は打てるのですが、ローマ字入力なら確実にアウトです。

そういったことがあるので、効率ではなく、効果が大切なのです。